2015年6月7日

新指標のGDPなう!

GDP now ナウ アトランタ連銀
アトランタ連銀
米GDPに“新たな形”(WBS)2015/05/20
米国では最近、GDP統計の変動が激しくなっていて、経済の状況をより幅広く理解するため、GDPプラスGDPナウといった新たな統計が注目されています。
GDP プラス ナウ



GDPは個人消費や政府支出などお金を払う側に注目して作られていて、変動の大きい軍事費や在庫などに左右されやすい面があります。このため、フィラデルフィア連銀はGDI=国内総所得と呼ばれるデータを考慮にいれたGDPプラスという指標を公表しています。
 gdp プラス

GDPプラスはGDPほど振れ幅が大きくないため、冷静な目で経済のトレンドを把握しやすくなります。
GDP ナウ


もう一つがアトランタ連銀が公表するGDPナウです。GDPナウは1-3月期のGDPをほぼ的中させて注目されました。こちらは日々発表される経済指標を分析し、GDPを毎日算出しています。

GDPナウ=修正力が働いていくGDPというイメージですね。

■関連リンク
物価指数の新参者「日経・東大日次物価指数」「一橋単価指数」「Tポイント物価指数」(経済データバンク)